やりたいことを見つけるためにやるべきこと3つ

世の中は好きなことをやりなさい、とか
やりたいことをやりなさい、とか
そういう言葉をよく耳にしますよね。

しかし、やりたいことも好きなこともない。
自分が何がしたいかもわからない。
そういう人もいるはずです。

でも、何かしら毎日やることはあるということですよね?
めちゃくちゃ暇で仕方がないという人はあまりいないはず。
忙しくて時間がない人の方が大半だと思うのです。

では、いつも何に時間を割いているのでしょうか?

そんな人たちへ向けて、今回は記事にしてみたいと思います。

やりたくないことをやめる

まずは第一段階として、やりたくないことをやめましょう。

やりたくないこと、きっとたくさんあるはずです。
そう、やりたいことがわからないなら、その真逆のやりたくないことを挙げていくと、不思議とやりたいことが見えてくるものです。

  • 通勤で満員電車にゆられたくない
  • 会社に行きたくない
  • 会社の人とランチに行きたくない
  • 仕事が手一杯で新しい案件を引き受けたくない
  • 料理したくない
  • 家事したくない

いろんなやりたくないこと、見えて来たでしょうか?

これらのことを思い切ってやめてみるのです。

「会社を辞めろってこと?無理無理!」
そういう声が聞こえて来そうですね。

なぜ無理なのでしょう?
収入がなくなるから?
不安だから?

実は、何も無理なことはなくて、簡単にできるんです。
難しい、できないと思っているのは自分自身。

私は嫌だと思ったら会社を辞めて来ました。
辞めることなんて実は意外と簡単なのです。

料理したくないならしなければいい。
自分の出来る範囲で、しなくて済む方法を考えればいいのです。

頭のどこかで「そんなこと言ってもやらなきゃいけない」と思っていると、
完全なる思考停止です。

どうすればやらなくて済むのか、自分の頭やネットを駆使して考え調べてみましょう。
もしくは、どうすればやりたいと思えるようになるのか?を考えてみてもいいですね。

とにかく、自分がやりたくないことをとことんやめてみるのです。

どっちでもないこともやめる

次の段階としては、やりたくないわけでもないし、別にやりたいわけでもない。
そんなどっちでもないことをやめることです。

これが1番難しい。
ほとんどの人がどっちでもないことに時間を奪われているのです。

やれちゃうからやってるけど、よくよく考えてみたら、別にやりたくもないよね。
そんなこと。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 食材の買い物
  • 食器洗い
  • テレビを見る


例えばこんなことですね。
もっと他にもあるとは思いますが、私が実際にどっちでもないことをあげてみました。

これらをやめてみるのです。
完全にやめることが難しいなら、限りなくやめるに近い状態にするにはどうすればいいのか考えましょう。

そして、自分がしなくて済むようにするのです。

そうするとどうなるでしょうか?

暇になるとやりたいことが見えてくる

そう、ここまでくるとあなたはになります。
何もすることがない、手持ち無沙汰になることでしょう。

何もすることがないなら、それだけ毎日やりたくないことやどっちでもないことに時間を費やして来たのです。
あなたの大切な時間を、そんなことのために使って来たのです。

人間、極限まで暇になると何かしようとします。
何かしたくなるのです。

そうなったら、そこで浮かんで来たことをひたすらやればいいのです。
やっていく中で、これやりたいかも!とひらめくようになります。

ひらめきも、日常の忙しさに埋もれてしまうと、感覚が鈍り、反応しなくなります。
時間ができ、心に余裕ができることで、あなたのひらめきは研ぎ澄まされていくのです。
そして、心が踊るようなワクワクする気持ちを思い出すのです。

そうなればもうやりたいことは見えて来ますね。

まとめ

やりたいことがわからないなら、あなたは今何に時間を費やしていますか?
何もすることがないという人はほとんどいないでしょう。
何かをやることで、時間を使っているはず。
そのほとんどをやりたくないことやどっちでもいいことに。

そう考えると、もったいないと思って来ませんか?
時間は有限です。寿命まで生きるなんて誰にもわからないのです。

そんな勿体無い時間の使い方は今すぐやめましょう。

いつかやろうの“いつか”は一生来ません
いつかではなく、今、やるのです^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。