自分には能力がないと認める

こんにちは!えぃみんです。

ある日曜日に、私は夫に自分のこれまでの働き方について話をしました。
なんでかって言われると本当になんとなーくです。

その時の話をここに記したいと思います。

自分で仕事を始めるまで

私が起業をしてうまくいかずに自己破産してしまったことは、もちろん夫も知っています。
むしろ結婚する前にカミングアウトしました。

これから長い人生、一緒に過ごす人なら、自分が恥ずかしくて人には言えないことも知っておいて欲しいと思ったからです。

夫なら話せると思い、話をしました。

今から3年前に会社を辞めて、
はじめはアルバイトをしながらWebライターの仕事をしていて、
美容系の記事を書いていたんです。

文字単価ははじめから割と高い方で、1文字1円はあったと思います。

そこでの評価も上々で、記事もよく見られていると好評でした。
そして文字単価も上げてもらったのですが、
次第に内容が難しくなり、専門的になって、文字数も増え、ライターという仕事に費やす時間がかなり増えていったのです。

私の容量が悪いのかもしれませんが、月にそんなに本数書くことができず、
労力がかかったわりに1万円とかしか稼げず、かなり疲弊していきました。

これは続けられない・・・。

そう思い、辞めたんですね。

正直、自分は書くことが得意だとばかり思っていたので、
これから先何をしていいのか全くわからないでいました。

途方に暮れていたし、将来が不安で押しつぶされそうになっていました。

そんな中、パーソナルスタイリストという仕事を知り、養成講座に通うことを決めたのです。

その人に似合う洋服を診断し、私が下見をした上で一緒にショッピングに行く。

そんな仕事を少しずつして行くことで、これで食べていこうと決め、のちに起業もしました。

引くに引けなくなった時期

起業というものにはずっと憧れがありました。

私の実家は自営業。
なので、自分で仕事をすること、経営者となることに対してあまり抵抗がなかったんですね。

むしろ、私もどこかに属するのではなく、
将来自分で仕事をしてみたいと思っていました。

その思いはずっと胸に秘めていたのです。

しかし、実際に会社に勤めるようになり、
上司から「容量が悪い」と言われることが増えました。

職場が変わっても同じことを言われるのです。

私はすっかり自信をなくしてしまいました。

容量が悪い=仕事ができない

そう思ったからです。

私は仕事ができないんだ!使えない人間なんだ!
会社のお荷物なんだ!

そんな風に考えるようになりました。
すごく悲しかったことを覚えています。

だから、今でもバリバリ働くキャリアウーマンに憧れますし、
仕事ができる頭の切れる女性になりたいと強く思っています。

そんな女性が主人公のドラマとかもハマって見てしまいます。

そう、私は仕事に対して劣等感がありました。

だからこそ、どこかで見返してやりたいという思いもあったのです。

私だってできることがある!

そう思い、起業をして自分で仕事ができれば、みんなも納得すると思ったのです。

そして「すごいね!」「仕事できるね!」と言われたかったのです。

そう、認めて欲しかったのです。

だから、収入が途絶え、生活に困り借金を重ね、
それでも辞めなかったのは意地になっていたし、
ここで辞めたら「あの人やっぱりうまくいかなかったんだ」って言われるのがすごく嫌だったのです。

絶対諦めるもんか!って思っていました。

だから、さっとやめることができなかったんです。

夫から聞いた受け入れがたい言葉

なぜやめることができず、自己破産になるまで追い詰められたのか?

心のどこかで「自分には能力があるはず」と思っていたからだと思います。

しかし、こんな話を夫に話すと、
「自分には能力はないって思った方がいいよ」と言われました。

それを聞いて、「えー!!思えない!!」と思ったのが正直なところ。笑

だって、今までの自分を否定するみたいだったから。

私は変なプライドがあって、またそのプライドが高いんだなっていうことがわかりました。

逆に夫はそんなプライドはない。いい意味でない。

だからこれまで色々やってこれたんだと思います。

変なプライドがあると、

“誰にでもできるようなことはしたくない”

ってすごく思っちゃうんですよね。

私はまさに仕事の面でそう思っていました。
私だからこそできる仕事がしたいと。

自惚れてましたね・・・。

でも、自分には何もないなんて、それを認めることはすごく覚悟のいること。

認めたくなーい!!って私の心が叫んでいます。笑

でも、その壁を取っ払えば、きっと私はなんでもできる気がします。

そして、今、その壁を取り払う時期なんだとも思います。

まとめ

皆さんも同じ気持ちを感じたことはありますか?

一緒に変なプライドを捨て、「自分には何もない」と認めてみませんか?

きっと、認めた先には今まで知らなかった世界が待っていると思うのです。

殻を破り、自分変革しましょう。

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。