「好きなことだけしてれば夢は叶う」は嘘

好きなことをしよう!
やりたくないことはやらなくていい!

最近よく聞くフレーズです。
皆さんも聞いたことや目にすることがあるのではないでしょうか?

私も、その言葉を見て、ワクワクして、
「やりたくないことをやらなくて、好きなことだけすればいいなんて最高!」
なんて思っていました。

そして、その言葉を鵜呑みにして好きなことだけしていたんです。

でも、そこには落とし穴が!

皆さんもそんな経験ありませんか?

そもそも意味を履き違えている

好きだことだけすればいいなんて、とても魅力的な言葉ですよね。
今まで散々ストレスだったことを全てやめていいなんて。
それで自分の夢が叶うなんて、最高じゃん♪

そして、私はやりたくないことをやめました。

でも、単純に考えてみてください。

  • 営業は嫌いだから営業はしない
  • 資料作りは苦手だから事務はしない
  • 領収書の計算は苦手だから経理はしない


もし、個人で1人で仕事をしている人が、上記のことをやめたとします。

そして、自分のやりたいことだけやったとします。

さて、どうなるでしょうか?

仕事はこない、
資料がないと企業相手の仕事は難しい、
確定申告の時期になったら1年分の領収書の山に泣く

そんな現実がやってくるかもしれません。

そう、やりたくないことをやらなかった場合、現実がどうなるのかわかっていないといけません。

やりたいことと楽なことを取り違えてないか

この言葉もよく聞きますよね。

「今何がやりたい?」
自分にそう問いかけて、浮かんだことをやる。

でも、そこに注意が必要なんです。

やらなければならないことがあったとします。
それをしないとあなたの実現したい未来は叶いません。
でも、今何がやりたいかといえば、寝たいなー・・・。

そう思い、寝るとします。

おわかりのように、それを何度も繰り返してしまうと、叶えたい未来は遠ざかっていきます。

今この瞬間にやりたいことをやるのと、今この瞬間に楽をするのとでは訳が違うのです。

楽な方に流れていって、果たしてそれで自分がなりたい姿になれるのでしょうか?

目の前の楽なことに流されていく。
それはそれで幸せな人生かもしれません。

しかし、もし、自分の目標や夢があるなら、今この瞬間に思うのはやりたいことなのか、楽をしたいだけなのか、見極める必要があります。

やりたくないこともやる必要がある

これは当然のことかもしれませんが、
やりたくないことも、やらなければならない時があります。

例えば、夢が、“ブログで食べていけること”だとしたら、
毎日ブログ更新は必須です。

それなのに、「書くのめんどくさい」と言って書かなかったら、
夢は一生叶わないですよね。

これを夢の裏側と言って、私の好きな向井ゆきさんがよく使っていた言葉です。

叶えたい夢には必ず裏側が存在するのです。

  • インスタグラマーになりたい!
    →毎日インスタに投稿する、写真の撮り方を勉強する
  • トップブロガーになりたい!
    →毎日ブログを書く、ネタを収集しておく
  • YouTuberになりたい!
    →毎日動画を投稿する、ネタを集める、撮影する、編集する


なりたい姿があれば、その憧れの人のキラキラした部分だけを見ていないか?

表舞台で活躍している人たちは、必ず無名の時期がありましたし、
有名になるためにたくさんの時間と努力を積み重ねてきたのです。

それを知っても、あなたにはその夢を叶える覚悟はありますか?

覚悟というと、少し大げさかもしれませんが、
中途半端な気持ちでやると、中途半端な結果しか出ないのです。

有名になっている人は本気でやっています。
そして、当たり前の基準が違うのです。

まとめ

好きなことだけやればいい、やりたいことだけやればいい。

その言葉を履き違えていましたか?

好きなことをするのと、楽をするのは違います。
やりたいことをするのと、楽をするのは違います。

なりたい姿、自分の夢をイメージして、
そこに向かうためには、キラキラした部分ばかり見るのではなく、
地味だけど大切な積み上げも必要だということ。

そこをわかった上で、夢を追いかけて欲しいなと思います^^地味だけど大切な積み上げも必要だということ。

そこをわかった上で、夢を追いかけて欲しいなと思います^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。