思い込みで苦しまず楽になれる方法

「思い込み」だとか「ブロック」という言葉を聞いたことがありますか?

一体それってなんなの?
と思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それは私を含め、皆さんにも確かにあります。

全ての人の中にあるのです。

そしてこれを知っておくことで、将来あるかもしれない子育てにとても役に立ちます。
私は自分が子供を産む前に知っておいてよかったと思いました。
今の子育てにとても役立っています。

では、「思い込み」とは一体なんなのでしょうか。

12歳までに出来上がる

当たり前ですが、皆さんお母さんから生まれてきて、育てられますよね。
そこでこれまで生きてきた中でたくさんの言葉を浴びてくることと思います。

お父さんやお母さんの口癖、
何をすることがよくて、何をすると悪いのか、
しつけをされると思います。

その経験こそが思い込みとなっていくのです。

思い込みは12歳までには出来上がると言われています。

親が子供に対して教えるということをしなくても、
勝手に両親の考え方などが子供にインストールされていくのです。
それは意図していなくても、一緒に生活していれば自ずと入っていくものです。

だからある意味怖いことでもあります。

それくらい、子供時代は大切な時期なのです。
その人の人間としての基盤を作っていく時期なのです。

自分の行動の基準となる

何かをしようとするとき、特に子供時代、
「これをしたらいいってお母さん言ってたな」
と思い出し、行動するようになります。

子供は面白いくらいに、親のことをよく見ています。
だから親の口癖や行動を真似しますよね。

そう、自分の中に出来上がった思い込みは自分自身の行動のベースとなっていくのです。
判断基準になっていくのです。

よく悪くも、これがないと判断したり行動したりすることができないので、
とても重要なことなのです。

そして、思い込みというのは自分が経験していくとどんどん増えていきます

子供時代にベースはできていますが、
それから友達との関係や、先生との関係、
恋愛をしたら男の子との関係を通じて、様々な経験を積んでいきます。

  • 友達は一緒にいると楽しい存在
  • 先生は自分をよく見てくれている大人
  • 男の子は足が早い人がモテる

思い込みは人それぞれ違いますが、自分の中に出来上がっていくんですね。

足かせになることもある

しかし、実はその思い込みが足かせとなるときがあるのです。

過去に起こった経験が、もし悲しかったり辛かったりすると、
「もう二度と同じ思いはしたくない」
と人は思うものです。

それは当然ですよね。
傷つくことは嫌なもの。同じことは繰り返したくはありません。

  • 友達は裏切るもの
  • 先生は自分の意見を聞いてくれない
  • 男の子は意地悪してからかってくる

自分の中にこのような思い込みができると、

  • 友達は裏切るもの
    →人を信じない
  • 先生は自分の意見を聞いてくれない
    →大人を信じない
  • 男の子は意地悪してからかってくる
    →男の子を信じない

後の思い込みもこんな風にマイナスなものがインストールされていきます。

そうなると、この場合、誰も信じられなくなってしまいますよね。

これが足かせとなって、その後の自分の行動を制限してしまいます。
思い込みが悪い方に作用してしまうとこのような結果になってしまいます。

確かに、過去に起こった事実は変えられませんが、そこに対してどういう思い込みを持つかは自分次第で変えられます。

そこで経験したからこそ、今の自分がいるのです。
今の自分が作られるには必要不可欠な経験だったのです。

もし、友達が自分を裏切ったとしても、
友達になった人全員があなたを裏切るわけではありません。

先生があなたの意見を聞いてくれなかったとしても、
世の中の大人が全員、あなたの意見を聞いてくれないわけではありません。

男の子があなたに意地悪をしたりからかってきたとしても、
男の子全員があなたに意地悪したりからかってくるわけではありません。

そのときにあなたが経験したことは確かに事実です。
しかし、だからとって、今後出会う人全てが同じことをあなたにしてくるとは限らないのです。

まとめ

思い込みは全ての人に存在します。

それはいいも悪いも、あなたの行動や思考のベースとなっていくのです。

過去に起こった出来事に対して辛いことがあったかもしれませんが、
事実だけを受け止めましょう。

あなたの受け止め方次第で、その経験をいいものにも悪いものにもできます。

思い込みを自分にとってプラスに活かしていきましょう^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。