人間関係において、「人は変わらない」と理解すれば、あなたは楽に生きられる

人はいつだって変われる!
そのような言葉を目にしたことはありますか?

私もそう思っている一人です。
人はいつだって変われると思っています。

ん?タイトルと言ってること違くないか?
そんな声が聞こえてきそうですね。

タイトルでは人は変わらないと言っていますからね。
一体変われるのか変わらないのか、どっちが本当なのでしょうか。

ここを理解すれば、あなたの現実は変わり、きっと毎日楽に生きられるはずです。

他人はコントロールできない

まず知っておいて欲しいことは、
他人をコントロールすることはできないということです。

自分の思い通りにいかないとイライラする人っていますよね。
一緒に仕事をしていて、相手の動きにイライラしたり、
パートナーに対してイライラしたり。

相手に変わってほしくて、ついついあれこれ言ってしまうことってないですか?

こうやったほうが絶対いいに決まっている!
そう自分が信じて疑わないわけですよね。

しかし、それは大きな間違い。

これは、自分の考えの方が正しい!と信じきっている人が陥りがちです。

何が正しくて何が正しくないのか、
はっきり言ってそれは人それぞれ違います。

自分と他人は全く考え方が違うし、価値観も違う。
それはこれまで生きてきた人生が違うように、人それぞれなのです。

むしろ、違って当たり前なんだと気づくことが大切です。

なので、自分の方が正しいなんてことは一概に言えないということなのです。

そうなると、人に強制しようなんて思わなくなります。
自分の正義をふりかざそうなんて思わなくなります。

「あなたのために言っているのに」
は、本当の意味でその人のためになっているのか一旦考えてみて欲しいです。

変われるのは〇〇のときだけ

では、どうすれば人は変われるのでしょうか?

これは、私が実体験して思ったのが、
人が変われるのは、自分が本気で変わりたいと思ったときだけだということです。

振り返ってみてください。

人から「ああした方がいいよ〜」「こうした方がいいよ〜」と言われたとして、
本当に実行したことはありますか?

誰に言われたのかでもかなり違ってはきますが、
ほとんどの人が行動していないと思います。

そんな中で、もし、行動を起こした人がいるなら、
それはどんなときだったでしょうか?

きっと、自分が変わりたいと本気で思ったときなのではないでしょうか?

これではいけない。
このままではいけない!

自分で自分のことをそう思うことによって、人は大きく行動することができます。
結果、その人は変わることができる。

そう、自分の人生に本気を出した瞬間です。

自分で変わると決断できたとき、人は変われます。
それ以外は本当の意味で人は変われません。

まず変わるのは自分

この流れでわかることは、
人を変えようとする前に、まずは自分が変わろうということ。

人のことを思い通りにしようとしている自分に気づき、
相手の価値観を尊重し、違いを認める。

まずはそう考え直すことこそ、あなたが確実に変わっている証拠になります。

考えを改める。
自分と相手の違いを認めて受け入れる。

これができれば、人は確実に買われます。

そして、そんなあなたを見て、勝手に影響を受け、周りが自然と変わっていくのです。

まさに自分自身が影響を与える存在になるのです。

あなたがあなたらしくいるために、本気で変わろうと努力する姿を必ず誰かが見ています。
そして、その誰かに影響を与えているのです。

人を変える前にまずは自分が変わること。
それが先決です。

まとめ

自分が言っていることは正しい。
自分の考えは正しいに決まっている。

みんなそう思いたいですよね。
だって、正しいと周りが認めてくれると、まるで自分を受け入れてもらえたかのような。自分自身を認めてくれたような感覚になるから。
それはそれは嬉しいと思うのです。

誰だって共感してもらいたいですよね。

しかし、共感してもらえなかったとしても、あなた自身を否定したわけではありません。
ただ考え方が違うだけ。
あなたと相手は違う人なので違って当然なだけ。

そこを理解していれば、とっても人間関係が楽になります。

ぜひ日常に取り入れてみてくださいね^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。