もっといい人いるかも問題の解決法

20代の頃、私はこう思っていました。

今この人と付き合っているけど、もっといい人いるかもしれないなーって。

皆さんも一度は考えたことありませんか?

そんなこと考えたことない!って方は、そもそもこの記事を読んでいないと思うのです。

“世の中にはまだまだ出会っていない男性がたくさんいる。”
“自分が知り合った人数なんてちっぽけなもの。”
“もっといい人は確実にいるはず。”

そう信じて疑わなかったのです。

それを思うこと自体、悪いことだとも思っていませんでした。

事実、悪いことではないと思います。

でも、それは、大事なことを見落としていたのだと、今の私ならわかります。
一体、大事なこととは何でしょう?

目の前の人と向き合えてない

「もっといい人いるかも」と思っている時点で、他の人に興味が湧いていますよね。

今目の前にいる、お付き合いしている彼への興味が薄れています。

現状の彼では満足できていないということ。

そこまで聞くと、仕方ないのかなと思いがちですが、
もっと踏み込んでみると、結局、目の前の人とちゃんと向き合えていないことが原因です。

私自身、お付き合いする人にあまり執着せず、もっといい人いるかもと思って生きていた過去があります。

なぜそういう考え方になったかというと、
学生時代、1人の人をすごく愛してしまい、別れるときに嫌だとしがみついてしまったんですね。

それで一度はよりを戻したものの、また同じことになって。

そのとき、以前のしがみついた自分を客観的に見て、嫌だなと思い、
今回は彼のこととても好きだったけど、潔くお別れしたのです。

“しがみつくなんてみっともない。”
“執着するなんて重たい。”


そんな風に思ったのだと思います。

それから、あまり1人の人に思い入れをすることがなくなりました。

過去に苦い経験をすると、誰しも二度と同じことは繰り返したくないと思うもの。
自分を傷つくことから守るために、心底人を好きになることが怖くなり、
ある一定の線を引くことにしました。

だから、目の前の人と向き合えなくなってしまったのだと思います。

ちょっとでも合わないところを見つけると、驚くほどのスピードで冷めたりして、
それも自分を守るためだったのだなと、今ならわかります。

向き合うことって怖いですよね。
自分をさらけ出すって怖い。

受け止めてもらえなかったら、嫌われてしまったら・・・。

嫌なことばかりが頭を駆け巡ります。

でも、そんなこと、いざやってみないと現実がどうなるかなって誰にもわからないのです。

受け止めてもらえるかもしれないし、
さらに好きなってくれるかもしれない。

過去起きたことがまた繰り返すとも限りません。

だって、今目の前にいる人は、その過去の彼とは違う人だから。
そう、違う人なのです。

それを認識しましょう。

初心に帰ってみる

なぜその人とおつきあいしたのでしょう?

彼とお付き合いを始めた理由、彼を好きになった瞬間、
思い出してみませんか?

もし、その当時と今の彼が変わってしまったと思うのであれば、
それは彼のせいではありません。

あなた自身がそうさせたのです。

いいようにも悪いようにも変化させたのは自分

彼が勝手に変わったと言うでしょうが、
間違いなくあなたにも原因があるのです。

彼がもしだらしない人間になってしまったのなら、
あなたが何でもお世話をしすぎたのではないでしょうか?

彼があなたを束縛するようになってしまったのなら、
あなた自身の中に、彼を疑っている自分がいるのではないでしょうか?

そう、全て、自分の中に原因があるのです。

こちらの記事も良かったら合わせて読んでみてください。

彼との関係に全力を尽くしてみる

今目の前の彼から目を背けて、他の人に興味が行く前に、
あなたは彼に本音を話せていたでしょうか?

これは向き合えていたかどうかと内容は似てきますが、
要は彼との関係が正直でいられたかが重要なのです。

今の彼に正直に素直になれなかったら、
どんな相手が来ようと、あなたは自分の本音は言えません。

相手が変わったからといって、あなた自身の姿勢は変わらないからです。

恋愛は、自分が仕事でどんな地位にいようが、成功しようが関係なく、
結局は男女、人間としての関係をいかに深められるかだと思います。

そこに社会的立場や地位はまったく意味をなしません。

恋愛以外では、良好だった人間関係も、
いざ好きだの何だのが絡んでくると、途端に自分が丸裸になってしまうのです。

自分の汚い部分、嫌な部分だってたくさん出てきます。

そこを嫌だと思って目を背けても、単に逃げているだけなので根本的な解決にはなっていません。
だから、また同じ状況になり、同じ悩みを抱えることになります。

恋人だからといって、何でも言えばいいってものではない。
そう思う人もいるでしょう。

色々な考え方があっていいと思います。

しかし、その彼と少しでも長くお付き合いをしたいと思うなら、
精神的に心から満たされた関係でいたいと思うなら、
ありのままの自分の姿を彼に見せ、受け入れてもらい、
自分も相手を受け入れる作業が必要なのです。

そんな関係をもし築くことができたなら、
「もっと他に・・・」なんて考えは浮かばないはずです。

今目の前に集中し、全力を尽くしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

過去の私も同じことを経験しているので、痛いほど気持ちがわかります。

世の中には色々な考えや価値観があるので、必ずしも、私の考えが当てはまるとは思いませんが、
恋愛においての関係性を見直すきっかけになれば嬉しいです。

他の人に目移りする前に、まずは今目の前の人に全力で向き合ってみましょう。

今向き合えなければ、一生向き合えませんから。

大丈夫、私もできたので、あなたにもできますよ。
応援しています^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。