コロナで病まない!不安と無縁に心を健康に過ごす方法

みなさん、こんにちは!えぃみんです。

毎日コロナ感染者の人数や亡くなった方のこと、医療従事者の方々の苦悩。

たくさんのニュースが流れていますね。

自宅で自粛生活を余儀なくされていますが、みなさんの精神状態は大丈夫でしょうか?

もうニュースを見て暗い気持ちにしかならない。

鬱になってしまいそう・・・。

もしかしたら、そう思っている方もいるかもしれません。

そんな方へ、日々の行動で心がけてほしいことを今回書きたいと思います。

テレビはつけない

まず、テレビが家にある方は、テレビをつけないことをお勧めします。

何か特別見たいものがある時は別ですが、BGMのように垂れ流しにすることはやめてみましょう。

我が家はテレビがありません。

テレビなしの生活が始まって1年以上は経ちましたが、さほど不便さを感じていないです。

確かに、初めはコロナのことを知ったのも遅かったし、どんな影響があるかもそこまで知りませんでした。

あまり危機感も持っていなかったと思います。

しかし、それでいいのではないかと思うのです。

自分が本当に知りたい情報は、自分から求めればいいからです。

コロナについて知りたいなら、スマホを使えばいいし、タブレットでもパソコンでもなんでもいい。

自分から検索をして、アクセスすればいい。

だから、テレビという、自分が思っている以上の、必要以上の情報をどんどん受動的に受け取ることは、必要以上の不安を煽ることにもなるのです。

それは普段なら感じなくていいことも感じてしまうということ。

不安は不安を呼びますから、感じなくてもいいことは自分から遮断しましょう。

なので、テレビは必要ないときは消す!

案外、テレビがなくても生きていけるものです。

事実は事実、それ以上でも以下でもない

それでも、スマホのニュースでいろいろと情報を目にすることと思います。

  • また感染者が増えた。
  • コロナで亡くなった人が出た。
  • 自分の身近な地域で感染者が出た。

そんなことを見てしまうと、「自分もそうなったらどうしよう・・・」と思うのも無理はありません。

そして、在宅での仕事が叶わず、怖い思いをしながら仕事をするために、生きていくために出勤せざるを得ない生活を強いられている人もいることでしょう。

医療従事者の方々も、自分がいつ感染するかもわからない状況で、使命感を感じて日々業務に取り組んでいることでしょう。

いろんな状況の方がいるとは思いますが、

これもまた、必要以上に情報を受け取らないことをお勧めします。

感染者が何人だとか、国内の感染者が何千人突破したとか、

そういう情報を日々ニュースは流していますが、

その事実は、確かに自分の力ではどうしようもありません。

でも、事実は事実。

それ以上でもそれ以下でもないのです。

そこからどう感じるのかは自分次第でどうとでもできるのです。

不安になることも自分が不安を選んでいるのです。

不安にならない人もいるのですから。

自分の日常を守る

もちろん、コロナ感染の予防のために自分ができることをするのは大切です。

自分を守ることと、自分の大切な人を守ることにつながるからです。

でも、だからと言って毎日不安を感じる必要もありません。

自分にできることを日々淡々とするだけ。

こんな状況でも、こんな状況だからこそ、自分が毎日楽しく暮らせるような工夫をしていいのです。

自分の日常は自分で守る。

自分のことは自分で守る。

コロナからもそうですし、情報からもです。

自分の外側にあるものに翻弄されない。

しっかりと自分の足で立つ。

必要な情報を取捨選択できる自分になる。

それは今すぐにでもできることなのです。

事実と感情は切り離して考えて、自分の暮らし、自分の幸せを守っていきましょう。

まとめ

私も今実家に里帰りをし、世の中がこんな状況ですが2人目がもうすぐ産まれようとしています。

体も思うように動かないので、コロナに関係なく家から出れない毎日です。

そんな中でも、自分が今感じれる幸せや楽しみを日々見つけて過ごしています。

不安は自分で選んでいる。

事実に対してどう感じるかは自分で選べる。

ニュースに翻弄されない、自分の幸せは邪魔されない。

毎日コロナと戦っている方々の無事を祈りつつ、毎日をできる範囲で幸せを見つけながら過ごしていきたいと思います。

みなさんも、コロナで病まないように、心健やかに過ごしましょうね。

この記事がお役に立てることを願って・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。