子供を産んだら、彼への気持ちがなくなる?

皆さん、こんなことを耳にしたことはありませんか?

「出産したら子供が第一になって、夫のことなんてどうでもよくなった」
「子供で手一杯で、夫とスキンシップなんてする余裕がない」
「子供さえいればいい。夫はお金を持ってきてくれさえすればいい」

私は割と、結婚していった友人たちがそんなことを言っていたので、
出産したら好きな気持ちが冷めるんだ!と恐怖でした。

あんなに好き同士で結婚したのに、子供を産んだ途端、ころっと変わる。
母になるともう異性としての感情が芽生えなくなるのか?

そんな未来はごめんだったので、私は正直、出産って怖いなと思っていました。

皆さんもそんな経験ありませんか?

でも、心のどこかで「いいや、そんなはずない。子供ができても仲良しな夫婦だっている!」と自分に言い聞かせ、信じようとしている自分がいました。

果たして、実際に出産を経験した私はどうなったのか。

ここでリアルに書いていこうと思います。

実際に出産した後の気持ちの変化

妊娠をしているときは、お腹の中に命の存在は感じつつも、
やっぱり実生活は彼と2人なので、お付き合いしている時期とそんなに変わりませんでした。

2人でデートしたり旅行へ行ったり。
近くへご飯を食べに行くなど、楽しく時間を過ごしていました。

子供が生まれたらしばらくは2人で過ごせる時間がほとんどなくなってしまう。
だから、2人でいられるのは貴重だと思っていました。

そして、いざ出産を迎え、夫にはその場に立ち会ってもらいました。

立ち会うと奥さんを女性として見れなくなるという噂もありますが、
夫は違うと言っていて、変わらず接してくれました。

産後はすぐ赤ちゃんとの慣れない生活が始まり、
私は実家に里帰りしていたので、夫とは離れて生活することに。

その間、私は毎日必死で、子育ての大変さに頭を抱えていて、
辛くてわからなくて泣いてしまうときもありました。

もう完全にママモードになっていたんだんと思います。

久しぶりに夫が実家に来てくれたとき、
頭がママモードなので、しばらく夫にどう接していいのかわからなくなりました。
2人で過ごしていたときのような甘い雰囲気にはなれず、私としてはなんだか違和感・・・。

実家から自宅へ戻ってから数日すると元の雰囲気に戻りましたね。

ずーっとママやっていると、確かに夫への対応がギクシャクしてしまいました。
でも、だからと言って、夫への愛情が消えてしまったのかというとそうではありません。
私は確実に気持ちがありましたから。

子供への愛と夫への愛は違う

実際に子供を育ててみて、わかったことがあります。

それは、子供へ抱く愛と夫へ抱く愛は違うということです。
具体的に言葉でどう違うかは言えませんが、感覚的に違います。

なので「子供が1番!」と言うママさんが多いですが、
そもそも、順番なんてないのです。

もちろん、優先順位として子供を1番に考えるというのはわかりますが、
愛情まで順番をつけるのはちょっと違うのかなと。

それを実際に夫に話すと、夫も共感してくれました。

私の場合、夫は育児に協力的で家事にも協力的なので、
とてもありがたいし恵まれていると思っています。

だから夫に対する気持ちも変わらず抱けているのかもしれません。

子供への愛、夫への愛、比べるものでもありませんね。完全に別物です。

“2人とも愛してる”
それが答えです。

夫婦で大切なのは “思いやり”

結婚をすると、恋愛していた時期とは違い、
多くの人が自分がどんな状態だったとしても彼と顔を合わせることになります。

どんなに落ち込んでいても、イライラしていても、です。

恋愛をしているときは、会う日を決めて会っていたので、
それまでにコンディションを整えて会うことができます。

そして、せっかくの2人の時間だからと楽しく過ごそうとします。

それが悪いということではありませんが、
結婚して一緒に暮らすとそうはいきません。

ましてや子供が生まれたら毎日子育てと家事で大変です。
ちょっとイライラしていて、彼に当たってしまうこともあるでしょう。
本当はそんなこと言いたいわけじゃないのに。

でもそれは仕方のないこと。
自分の中でいっぱいいっぱいになってしまっている証拠なので、
大切なのはそのあとの行動。
すぐに謝り、本当の気持ちを夫婦で話し合うことです。

忘れてはいけないのが、お互いに思いやりを持つこと。
どっちかがきつそうにしていたらなるべくサポートする。
2人で協力して乗り越えていく。

いろんなカタチの夫婦がありますが、
根本はそこなんじゃないかと思うのです。

思いやりは一生忘れたくないものですね。

まとめ

将来結婚を考えている人、今結婚を考えている人とおつきあいをしている人。
様々いると思います。

今までの私と同様に、
子供を産んだら気持ちが変わってしまうんじゃないかと不安に思っている人がいたら、
この記事を読むことで安心して欲しいです。

不安に思ってしまうと、本当に現実になってしまいますからね。

私達なら大丈夫!と胸を張っていればいいです。
夫婦は様々ですから、一生仲良しでいられる人たちもいます。

私は一生男女として尊敬し合い、思いやれる夫婦でいたいものです^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。