結婚、本当にしたいですか?

唐突に聞いてみましたが、皆さんどうでしょうか?

今となっては私も結婚している身ですが、
3年前は結婚したくないと思っていました。

いつか結婚して、子供はいる・・・と思う。
でもそれがいつかなんて具体的には思い浮かばない。

私ってそんな感じだったんです。

考えるきっかけになったのは30歳になってから。

なんか急に、結婚がリアルに感じたんですよね。
真剣に考えようかなって思ってきたんです。

それはやっぱり将来子供が欲しいと思っていたので、
卵子が正常に活動しているうちに、35歳までに産んでおきたいと思っていました。

特に婚活をしているわけではありませんでしたが、
お付き合いしている男性はいつもいました。

しかし、いずれも結婚にはつながらなかったのです。

それは一体なぜか?

ゆっくり紐解いていきましょう。

婚活、一旦やめてみよう

婚活をしている方はいますか?

早い人は20代前半から婚活をしている人もいますね。

そこで考えて欲しいのは、
「あなたはなぜ結婚したいのですか?」
ということ。

結婚をすることが当たり前?
そんなこと考えたこともなかった?

それは完全に思考停止しています。
何をするにも、何を考えるにしても、全て理由があります。

ただ闇雲に、
周りが結婚しているから
とか
結婚しないといけないから
なんて考えて婚活している人は、
一旦、やめてみてください。

※これは、婚活をしていてうまくいっていない人が前提です。

参加予約しているパーティーがあれば、全てキャンセルしてください。
そして、自分1人の時間を作って欲しいのです。

そこで考えるべきことは、
なぜそんなに結婚したいのか?
ということ。

そこに明確な自分の意思や考えがあるのなら、それはそれでいいと思います。

注意すべきなのは、
他人の基準に振り回されていないか?ということです。

親が「いつ結婚するのか」と言ってくる
周りがどんどん結婚していくから焦る

そんな理由で婚活を始めていませんか?

結婚をしない人生もあります。
結婚が人生の全てではありません。

自分がなぜ結婚がしたいのか?
一旦立ち止まって考えてみてください。

結婚に対してどんなイメージを持ってる?

さて、考え始めると、ここに向き合うことになります。

結婚に対してどんなイメージを持っているか?です。

実は、このイメージが大切で、
もしかすると、婚活しているのに、心の奥底では結婚したくないと思っている可能性があるのです。

実は、私がそうでした。

私の家族は仲が良く、年に1回は一緒に旅行に行くほど。
母とは家が離れていても、月に1回は会っていました。

しかし、いざ父と母を見てみると、
父は優しく見える亭主関白タイプで、母は専業主婦で尽くすタイプ。

どう見ても、母は家事や子育てで毎日大変そうでした。

自分のことは後回しで、私たち子供のことや父のことを優先。
我慢しているように見えました。

もちろん、いつもそうではなくて、一緒にいて楽しくて笑ったりすることもありましたが、
断然大変そうなイメージの方が強かったのです。


そこから、

結婚すると、女性は我慢しなきゃいけない。
やりたいこともできない。
家事も子育ても大変。


・・・そんなイメージができてしまったのです。


私は、そこから
結婚=幸せ、楽しいもの
ではなく、
結婚=現実
と思うようになりました。

結婚に対して憧れや夢を抱くことはなくなったのです。

そうなると親のせいにしているみたいですが、
育った環境は確実に自分に影響しています。

両親は、自分がこの世に生まれて初めてみる男性と女性。
父親に対しては男性のイメージ、
母親に対しては女性のイメージが出来上がっていきます。

そして、自分が見てきた家族は、
将来の自分が持つであろう家族のイメージのベースとなっていくのです。

そこであなたの結婚に対するイメージができていきます。

そこに隠れているあなたの本音は?
結婚とはなんでしょうか?

よくよく考えてみてください。

自分の本音と向き合おう

そう、闇雲に結婚相手を見つけようと行動するよりも先に、
まずは自分の本音と向き合うことをオススメします。

そして、結婚したくないという理由が出た場合に、
やってみて欲しいことがあります。

私の場合を例に挙げると、
結婚=束縛、自由がない、好きなことができない
と過去思っていました。

しかし、考えてみて欲しいのが、
これは事実なのか?ということ。

もし仮に事実であるなら、
全ての人が
結婚=束縛、自由がない、好きなことができない
と思っていることになります。

どうでしょう?
事実でしょうか?
違いますよね。

結婚してさらに自由になり、自分の好きなことをやり遂げている人も世の中にはいます。
きっと、自分の身近にはいなかっただけで、
視野を広げて世間を見てみると、自分の思い込んでいる結婚をしている人とそうでない人がいることに気づくはずです。

そう、事実じゃない。
自分が勝手に思い込んでるだけです。

そこに気づくことが、第一歩です。

あなたの中にある結婚に対する思い込みを見つけて、
それが事実ではないことを視野を広げて証明していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
なかなか結婚に対してじっくり考える時間ってなかったのではないでしょうか。

この記事を読んでいる間だけでも、自分の本音と向き合えたはずです。

自分が起こしている行動と、自分が思っている本音が違うと、
いつか歪みがきて、バランスが崩れていきます。

この記事を読んているということは、きっと、そのバランスが保てなくなっているのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!
だって、ここに乗り越えられた人がいるから!(私のことですw)

自分ととことん向き合うことで、必ず現実は変わります。

30歳を過ぎると、いろいろ考えますよね。
だからこそ、周りではなく、まずは自分!
ぜひ、いま自分と向き合ってみてください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。