彼の言動や行動に感情を振り回されてしまうときの対処法

大好きでお付き合いを始めたはずなのに、
いつのまにか彼の発言にイライラしたり、気に食わなかったりすることありませんか?

したくもない喧嘩をしてしまって気まずい思いをしていませんか?

なぜ彼の言うことや態度に対して反応してしまうのでしょう?
その原因を一つ一つ上げていくので、
自分と照らし合わせてみて、ぜひこれからの関係構築に生かしてくださいね。

彼に勝とうとしていないか?

「彼には負けたくない!」と心のどこかで思っていませんか?
そういう人は、彼以外の人に対しても、「負けたくない」と思っています。

負けることが本当に怖いんですね。
それはきっと自分のプライドがあって、そこが傷つくことが怖い。
それが崩れ落ちていくことが怖い。

負けると、自分の存在自体が崩れていく感覚なのではないでしょうか。
きっとすごく自分を守るのに必死なのだと思います。

彼と張り合っていきますか?
愛している人と争いたいですか?

彼に負けたらどうなると思っていますか?

そもそも勝つも負けるもありません。
相手に勝ちたいと思い続ける限り、あなたの心が休まるときはなく、
永遠にその闘争は続きます。

大事なことは負けてもいいや、どっちでもいい。と思えるようになること。
負けたとしても、あなたと彼の関係が変わるわけではありません。

彼に見下されていると思っていないか?

先ほどの勝ち負けと似てきますが、
彼に何かを言われたとき、自分がバカにされたと感じたり、見下されたと感じたりしていませんか?

それも完全に、あなたが彼を色眼鏡で見ています。
あなたが勝手にフィルターを作って、それを通して彼を見ています。

要は、真実が見えていないということです。

彼はそんなつもりで言っていないかもしれません。
あなたがそう感じ、捉えてしまっているだけかもしれません。

それはあなたの高いプライドが邪魔をしています。
常に、彼以外の人からもバカにされているんじゃないかと敏感に感じ取ってしまています。

そこで忘れてはいけないのが、先ほども言いましたが、
真実だけを見て欲しいということ。
色眼鏡で見ているなら、その眼鏡を外して物事を捉えて欲しいということ。

もっと広い視野で、フラットな状態で相手を見てみると、
発言や態度も案外大したことなかったりしますよ。

行動から愛を測っていないか?

これだけしてくれたら、私を愛してくれてるってこと!

無意識にそんなふうに、彼の行動で愛の大きさや深さを測っていませんか?
私はよくやりがちでした。

例えば、「会いたい」って言って、今すぐ会いにきてくれたら、
私のことを愛してくれてるってことだ。

みたいなことを思っていた時期がありました。

本当に会いたくても会いにいけないときだってある。
相手の事情だってあるのに、勝手に私の基準でそうジャッジしていたんですね。

確かに、言葉でいろいろ言う人よりも、行動で示してくれる人の方が信頼できます。

しかし、自分の勝手な基準で相手の愛の深さを測るのは間違いだと思うのです。

彼の愛の表現はもっと違うやり方かもしれません。

もし、それをやりがちな人がいれば、
一旦落ち着いて相手にも事情があるはずと思うようにしてみてください。
自分の勝手な基準は万人共通ではありませんよ。

彼はあなたの投影

究極なことを言いますが、今目の前にいる彼はあなたを映し出している投影です。
まさに彼=あなただということ。

彼の中に自分と似ているところがありませんか?
他の人が言っても何も思わないのに、彼から言われたらムカッと来ることありませんか?

それは彼=あなただからです。

なので、彼に対して嫌なことがあったとしても、それはあなたの中にもあるということ。
自分の嫌な部分だから、相手にも同じものを見つけると許せないのです。

ですから、彼に嫌な部分が見つかったとして、
それで相手と喧嘩するのではなく、
「これは何を教えてくれているんだろう?私にもこういうところあるのかもしれない」
と考え方を変えるだけで、相手との関係も良好になります。
修復も早いです。

彼はあなたの投影。
これを忘れないでくださいね。

まとめ

一つ一つ挙げていきましたが、思い当たる箇所はありましたか?

私は割と全て当てはまっていて、過去彼のいうことにイチイチ反応してしまっていました。

もちろん今も反応してしまうことがありますが、
考え方を変えることを知っているので、対処の方法がわかります。

彼の言動や行動は、あなたの中にあるものを気づかせてくれるエッセンスがたくさん散りばめられています。
ただ嫌だ!と思うだけではなくて、なぜこの言葉に反応しているんだろう?と
自分を振り返ってみてくださいね。
新たな自分を発見するきっかけになるはずですよ^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。