自分に自信を持つ方法

みなさん、こんにちは!えぃみんです^^

最近在宅カウンセラーの仕事を始めたのですが、意外に楽しくて家にいながらお仕事ができるっていいなって思っています。

そこでいろんな相談を受けていて、みんないろんなことで悩んでいるのだなって改めて思いました。

それぞれの考え方があるから、悩みもそりゃ様々ですよね。

ある人にとってはそれが悩みではないけど、ある人にとっては毎日嫌になるくらいの悩みだったりする。

本当に人それぞれ。

そこで私が相談を受けて、自分でも改めて考えたことについて今回記事にしようと思います。

子供時代に否定されて育った過去

自分に自信がない・・・。

これは本当に多い悩みです。

どうやったら自信がもてるんでしょうか。

私としては、初めっから自信満々の人ってあまりいないと思うんですよね。

そういう人は、育った環境がかなり影響していると思います。

親からかけられた言葉、周りの人の影響によって、

いつも「〇〇ちゃんなら大丈夫」とか「〇〇ちゃんならできるよ」ということを言われてきたのではないでしょうか。

その言葉を言われ続けたら、確かに勇気が湧いてきますよね。

私ならできる!って自然に思えるようになるのは頷けます。

でも、そうでない場合、逆の場合ですね。

「〇〇ちゃんは何してもできないよ」とか「〇〇ちゃん、そんなのダメよ」とか。

否定されて育ってしまうと、自分のやることなすことに自信が持てなくなり、

親が言うことや周りの人の言うことのほうを信じるようになります。

「私ってダメなんだ」「私の考えは違うんだ」と、自分のことを信じられないのですから、他の誰かの考えを採用するしかありません。

そういう風に育ってきた人もいます。

謙虚になれとか、我が子を褒めるなんて恥ずかしい。

そんな考えの親もいます。

その親もまた、自分自身も褒められて育ったことがないのです。

褒め方を知らないのですよね。

なので仕方ないといえば仕方がありません。

しかし、だからと言って、自分もまた子供に同じような接し方しかできないのかといえばそうではありません。

言葉は悪いのですが、その負の連鎖は止めることができます。

日々の積み重ねが自信を作る

まずは、自分自身が変わりたい!と本気で思う気持ちが大切です。

これは決して綺麗事ではなく、人からすすめられて行動してもなんの意味もないからです。

自分が自分に対して嫌気がさし、「もういい加減、こんな自分とさよならしたい!」と本気で思うこと。

そこまで思えたら、今の状態でいることにメリットは感じないはずです。

一刻も早く変わりたいと思うはず。

そうなればもう、前に進むしかありません。

そこで前に進めない人は、心のどこかで逃げ場を作っています。

後戻りできる場所を作っています。

要は、決断しきれていない状態です。

決断=退路を断つこと

もう右も左も後ろも行くところがない。

前にしか進めない状態を自分であえて追い込み、作るのです。

自分に自信を持ちたいなら、自分に自信を持つと決めることです。

もう「私なんて・・・」という言葉をやめる。捨てる。

絶対に口にしないと決める。

嘘でもなんでもいいから、とにかく口癖を変える。

「すみません」ではなく「ありがとう」に変える。

私もよく人から言われたりされたりしたことに対して「すみません」が口癖でした。

でも、してくれた相手というのは、別に謝って欲しくてしたわけではないと思うんですよね。

なので、相手の行動や言動に対しては「ありがとう」と言うようにしました。

「すみません」が口走ったとしても、そのあとにすかさず「ありがとう」を言うようにしたのです。

それだけでもだいぶ、自分の中の気持ちが変わっていきました。

自分に自信を持ちたいなら、決断をすること。

言い訳をやめる。とにかく前に進むと決める。

これはとてつもなく大切なのです。

変わる自分に許可をする

そして、変わることに対して不安を抱えていたり、なんとなく罪悪感を持っている人もいます。

それは何に対してなのかゆっくり考えてみてください。

人は変わって当然。変わらない人なんていません。

何が変わるかは人それぞれで、性格が変わる人もいれば、環境が変わったり考え方が変わる人もいます。

その移ろいで行くことに対して、拒否をせずに、抵抗せずに、

自分自身に許してみませんか?

変わって行くことはむしろいいことだと思いませんか?

変化して当然なのですから。

変化を楽しめる自分になりましょう。

不安よりも変わることを楽しめる自分に。

その一つ一つの積み重ねが、自分の自信を作り上げて行くのです。

悩みたくて悩んでいないか?

こう言っては反感を買うかもしれませんが、

悩んでいる人は悩みたくて悩んでいることがあります。

そんなことあるはずない、悩みたくなんかない。

そう思っている人もいますよね。

もちろん、誰だって悩みたくないと思うのですが、

中には、悩むことで誰かに気にしてもらえて、

しかもそこから変化しなくて済むので、そのままの状態が楽だから続けている人もいます。

だから、悩みがなくなるとむしろ困ってしまう。

何かいつも悩みを抱えていたい人もいるのです。

そういう人は変化を嫌います。

今のままでいいと思っているのです。

自分にそういう傾向がないか、しっかりみてみてください。

悩みを握りしめていないか。

それがないと不安になってしまっていないか。

悩みがなくても、自分の足で歩いていける。

そこに停滞せず、握りしめていた手を離して、身軽になって前に進みましょう。

まとめ

自分に自信を持つためにはどうしたらいいか、私も考えました。

私自身も今までどうやってきたんだろうと振り返ることもしました。

1番はやはり、本気で今の状態が嫌で嫌で、自分に嫌気がさして、

絶対に変わると本気で思えたからだと思います。

そこから決断をして退路をたって、ただひたすらに前に進みました。

変わることの怖さよりも、変わらないことの怖さの方が大きかったのです。

なかなか変われない人は、変わることよりも変わらないことにメリットを感じている場合が多いです。

自分に自信を持ちたいと言いつつ、自信を持っていない自分の方にメリットを感じていると、なかなかそこから変わることはできません。

これは誰にもわからなくて、自分自身が答えを知っています。

なので、よくよく自分のことを振り返り、内観をして、自分と向き合って欲しいなと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。