人から言われた言葉に傷つかない方法

みなさん、こんにちは!えぃみんです^^

最近、「これ言われて傷ついたな〜」ってことありますか?

私は会社で働いていた時期はよくありました。
ほんと、毎日かってくらい。笑

相手は何気なく言ったのかもしれないけど、
グサって刺さるときありますよね。。。

そんなとき、傷つかない方法があれば知りたくないですか?

前提:『傷つく』は自分で選んでいる

ここではっきりしておきたいことは、

『傷つく』という反応は自分で選んでいるということです。

「えっ、そんなわけないやん!!」って思うでしょうか。

私もその事実を知らなかった時は、相手に傷つけられたと思っていました。

なんて酷いことを言う人なんだと非難することもありました。

しかし、相手が放った言葉はただの言葉です。

言ってみれば文字。

なんの意味もありません。

感情を生み出すのは相手ではなく、紛れもなく自分自身。

その言葉を聞いて勝手にダメージを食らっているのは自分なのです。

なぜ、人は傷つくのか

そもそも、なぜ『傷つく』のでしょうか。

そんなものがなければ心おだやかに楽に生きてられるのに。

人が『傷つく』理由は、相手に言われた言葉が的を得ているから。

図星だから、なのです。

まさにそうだと、心のどこかで自分でもそう思っているからなのです。

「いやいや、そんなこと微塵も思っていない!」

もし、そう思っていたとしても、97%無意識である潜在意識の中にある自分が反応しているのです。

そう、私たちが意識できているのってたったの3%なんです。

ほぼ無意識と言っていいでしょう。

その潜在意識の自分が、その言葉に反応していることになります。

どこかで相手の言葉がドンピシャなのです。

なぜ『傷つく人』と『傷つかない人』がいるのか

相手の言った言葉がドンピシャ。

紛れもなく真実で、まさにそうである。

そこまでは、まだ『傷つく』を選んでいません。

ここからが分かれ道。

同じ言葉を受けても、反応する人とそうでない人がいますね。

その違いは・・・

自分を認めているかどうかです。

私は、ずっと言われて嫌な言葉がありました。

「要領が悪い」
「仕事ができない」

この言葉は本当に嫌で、言われるたび傷ついていました・・・。

仕事をする上で、そんな言葉を言われたら立ち直れません。

もう辞めたい、ってなります。

会社員時代の私は、その言葉を受けるたびに「私は会社勤めが合っていない」と思ったものです。

たったそれだけのことで・・・と思う人もいるかもしれませんが、
私にとってはそこまでの言葉だったのです。

しかし、現在会社を辞め、結婚して出産。ママになり、子育てをする毎日。

そんな中でも言われることがありました。

思ったことをはっきり口に出す、パートナーである夫から

「要領が悪い」

と言われました。

付き合っていた当初や、結婚してすぐの頃は、その言葉を聞いてムカッと来たり、落ち込んだりしていたのですが、

最近それを言われても「ほんと、私って要領悪い〜」と返せるまでになりました。

以前と違うことは、要領が悪い自分を認めたこと、受け入れたことです。

だって、夫が言ったことはまさにそうで、的を得てる。

誰が見てもそう思うよね。

そう考えられるようになったからです。

自分がどこかで「違う!そうじゃない!」と認めず抵抗すると、ますますその言葉に反応する自分になって同じことを繰り返してしまいます。

そして、いつまでたっても、同じ言葉に傷つく自分になってしまうのです。

傷つかないためには心の余裕は不可欠

しかし、自分のコンディションによって、傷つく日と傷つかない日がありますよね。

その違いは、自分に余裕があるかどうかなのです。

余裕がない場合、いつもよりも傷つきやすく、打たれ弱くなります。

いろんな言葉に敏感になってしまい、変な風に受け取ってしまいます。

いつもの自分だったらこんなことで傷つかないのに。

そう思うことありますよね。

傷つかないためには、心の余裕は不可欠なのです。

心の余裕を保つためには

  • 無理をしない
  • 嫌なことをやめる
  • ストレスを溜めない
  • 自分がご機嫌でいられることをする
  • 正直に生きる

などを実行するといいです。

私もついつい無理をしちゃうし、自分の声を無視してやっちゃうこともあります。

そんなときは、「本当はどうしたい?」と自分に聞いて、思考ではなく自分の本当の心の声を聞くようにしています。

毎日のその小さな積み重ねが、心の余裕につながるのです。

心に余裕ができれば、何を言われてもノーダメージ、なんて日も来るかもしれません。

日々の自分を見直して、心を楽に生きていく努力をしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここでまとめておきます。

  • 『傷つく』という反応は自分で選んでいる
  • 『傷つく』のはその言葉が当たっているから
  • 『傷つく』のは自分自身を認めていないから
  • 『傷つく』のは自分に余裕がないから

日々、人の言葉に振り回されて、感情がかき乱されることがあるなら、

この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

感情すらも自分で選ぶことができます。

『傷つく』かどうかはあなた次第。

感情をコントロールして、毎日心おだやかに過ごしましょう^^

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。