我慢は捨ててわがままになれ

みなさん、こんにちは!えぃみんです^^

最近、友達を見てて思ったことがありました。

「大変だろうな、なんか過去の自分に似てるな〜」って。

今の自分にもまだ残っているところなんだけど、まるで自分を見ているようでした。

なんでかというと、もうね、本当にたくさんのことを我慢しているなって思ったから!

すごく辛そうに見えたんです。

でも本人は多分気づいていない。

そういう人ってきっと世の中にたくさんいると思うんですよね。

ここで言えること、我慢したっていいことは起こらない!

やらなくていいことをやめる

そういう人のほとんどが、自分がやらなくていいことをたくさん抱えていることが多いです。

  • 頼まれごとを断れない
  • 人に嫌と言えない
  • 人の悩みを自分ごとに捉えてしまう

それだけではないとは思いますが、要は自分のことだけでいいのに、人のことまで抱えてしまっている人っていますよね。

断れない、嫌と言えない。

心の中では本当はNOと言いたい。でも言えない。

よくよく冷静に考えると、自分がしなくてもいいんですよね。

でも、他に誰もする人がいない、私がやらないといけない。

変に責任感が強いので、自分がやらないといけないと思ってしまうんです。

事実をよく見ましょう。

自分がやらなくても大丈夫。断っても何も起こらない。

断ったら他に迷惑がかかる、断ったら人に陰でなんて言われるか分からない。

そんなものは妄想です。

断ったからといって絶対そうなるとも限らないですよね。

自分の中のキャパを超えそうなとき、人になんて思われるか怖いと思っているとき、断ってみましょう。

そんなことできたら苦労しないと思うかもしれませんが、そこをすることに意味があるんですよね。

でも、そこを乗り越えないと、そこを行動しないといつまでたっても現実は変わりません。

些細なことでもいいから、日々の小さなことから断る練習をしてみましょう。

やりたくないことをやめる

次は、やらなくていいことです。

これは自分の主観が入っていますよね。

「もうやりたくなーい!!」

そんな気持ちになったこと、もちろんあるはずですよね。

  • 仕事行きたくない
  • ご飯作りたくない
  • 人に会いたくない
  • メイクしたくない

私もそう思ったことあります。

みなさんも毎日生きてたらありますよね。

そのやりたくないことを本当にやらない。

自分の気持ちに正直に、その気持ちを表に出して行動に移すこと。

難しいと思うかもしれませんが、本当はシンプルで簡単なことなんです。

  • 仕事行きたくない
    →会社を休む
  • ご飯作りたくない
    →作らず外食する
  • 人に会いたくない
    →予定をキャンセルして一人で過ごす
  • メイクしたくない
    →すっぴんで一日過ごす

できないと思っているのは紛れもなく自分自身。

自分で自分の行動を制限しているのです。

まずは、何度も言っていますが、自分の気持ちに正直になってそれを行動に移しましょう。

何もすることがなくなったら

やらなくていいこと、やりたくないことを実際にやめてみると、実は何もすることがなくなります。

要は暇になっちゃいます。

でも、それでいいのです。

好きなことがわからないと思っていたり、したいことがわからないと思っていたり、そんなときは、暇になることが1番です。

暇になると、自ずとやりたいことが出てきます。

  • 朝ゆっくり寝たい
  • 朝ごはんにパン屋さんのパンが食べたい
  • 洋服を見に行きたい
  • ゆっくりお風呂に入りたい

そんなことが出てくるようになります。

それを一つずつ丁寧に実行していくだけです。

自分の気持ちにわがままになっていい。

わがままになったって、世界は変わらない。

どうせ変わらないなら、自分の気持ちに正直に生きた方がいいと思いませんか?

まとめ

我慢は美徳、なんて言葉は妄想です。

我慢したら現実が良くなるんでしょうか?

そんなこと保証できないですよね。

我慢をしても、自分が犠牲になっているという思い込みが生まれるだけです。

犠牲になっていると思うと、人に対して何か言いたくなる。

自分がこんな気持ちになったって、誰かに気づいて欲しいっていう気持ちになります。

そうなるくらいなら、我慢は捨てて今すぐ自分にわがままになりましょう。

わがままに生きて、正直に生きる心地よさを知りましょう。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。