相手が変わっても、根本的な解決にはならない

皆さん、こんにちは!えぃみんです^^

今日はちょっと恋愛のネタで書いてみようかなと思います。

結婚してから恋愛とはほぼ縁遠くなってしまいましたが、(当たり前w)

当時を思い出しながら書いていこうかな。

皆さんもぜひ自分に置き換えて読んでみてくださいね。

私が陥っていた恋愛パターン

私はけっこう社会人になってから、いろんな年齢層の人と出会う機会が増えて、

お付き合いする人の幅も広がりました。

学生時代は同世代か、バイト先で知り合う年上の人くらいだったのですが、

社会人になると一回り上、それ以上の方とも出会いますよね。

私は出会うことが楽しくて、いろんな方と食事をしたりデートをしたりしていたのですが、

私の中でちょっと悪い癖がありました。

まだまだ人として未熟だったあの頃・・・。

ちょっとでも相手が私の意見と違うことを言ったり、何か気になるようなことを言ったりしたら、

途端に興味がなくなったりしていたのです。笑

そして、その人に執着することなく、「次つぎ〜♪」とばかりに前進していました。

よく言えばかなり前向きではあるのですが、なんでしょうね、なんか軽いですよね。

軽すぎるフットワーク、とでもいいましょうか。笑

代わりはいくらでもいる。自分を好きになってくれる人は他にもたくさんいる。

本気でそう思っていたんですね。

(うーん、すごく非難されそうですが・・・)

そして、確かに次から次へと男性に出会い、恋愛を楽しんでいたのです。

それはそれで楽しい時期だったのかなと思います。

しかし、今振り返ってみると、だいたいいつも終わり方は似通っていました。

私の場合ですと・・・

  • 世話を焼きすぎて、彼女というよりお母さんになってしまい、うんざりする
  • 彼といるときに無理をして自分を出せず苦しくなる

なんか、2つって全然違う結末ではあるんですけど、彼のタイプが2パターンいました。

  • ①私のことを愛して尽くしてくれる男性
  • ②少し謎めいていて「好き」すらほとんど言わない男性

だいたいこの2タイプの男性とお付き合いしてきました。

皆さんも思い当たりませんか?

自分のことを愛して尽くしてくれる男性だと、自分がどれだけ素を見せても受け入れてもらえる。(嫌われる心配なし)

逆に、謎めいている男性だと、憧れが強くて、自分を見せて嫌われることが怖くなる。

結局このパターンをいつも繰り返していたんですね。

相手が変わっても結果は同じ

そう、気づいたのです。

相手をいくら変えたところで、結果はいつも同じだってことに。

相手が変われば、いつもとは違う関係を築けるんじゃないかって思いますよね。

要は相手に期待する。

でも、結局結果は同じなんです。

なぜそうなるかというと、

自分の中で解決すべきことをそのままにして、自分が変わらず相手に変わってほしいと願うから

そう、解決すべきは自分の中にあるのです。

そこに気づかない限り、いつまでたっても同じことを繰り返します。

  • 世話を焼きすぎて、彼女というよりお母さんになってしまい、うんざりする
    →お世話をせず、相手の自立を促し、彼女として振る舞う
  • 彼といるときに無理をして自分を出せず苦しくなる
    →無理はやめて、怖がらずに自分の気持ちに正直に話す努力をする

私の場合は、こうすればよかったのです。

そう、相手に望むのではなく、まず自分が変わること

相手に期待しても、何も変わらない現実にやきもきするだけです。

自分が変わった方が早い。

なので、相手をコロコロ変えることを悪いとはいいませんが、根本的な解決をしたいなら、まずは自分と向き合うことをオススメします。

まとめ

私が実際に体験して感じたことを今回記事にしてみました。

恋愛はもちろん楽しむものなので、楽しむことに関しては大いに賛成です。

しかし、彼のここが嫌だから別れよう〜と安易に相手を変えたとしても、また同じことを繰り返すだけだということを肝に命じて欲しいです。

向き合うべきは自分。

まずは自分が変わること。

そこをクリアできたら、もっと充実したパートナーシップを築ける深い恋愛ができるのではないでしょうか。

今回の記事も参考になれば嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございました^^

体験セッション募集しています

現在、体験セッションを募集しています。

体験セッションはお悩みを聞いて、一緒に解決する方法を考えていきます。

  • 自分に自信がない
  • 今の現実をどうにかしたい
  • 周りの目が気になる
  • 自分らしく生きたい   など

詳細はこちらの記事をご覧ください^^

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。