30歳で覚悟を決め、たった1年で私が結婚できた理由

30歳を迎えると、結婚という言葉がチラつくようになります。
友人はどんどん結婚し、子供も2人目を出産した報告が来る。

いいなーとは思うものの、
私は結婚というものに対して、いつかはするけど具体的にイメージできずにいました。

そんな私がたった1年で今の夫に出会い、お付き合いをはじめ、妊娠、出産を経験しました。

なぜそんな現実が手に入ったのか?
私なりの【結婚できた理由】についてここにご紹介させていただきます。

男性関係をリセットする

こんなことを言うと、「えっ」と思われるかもしませんが、
誰しも、男性の知り合いっていますよね。

私もたまにご飯に行く男性、飲みに行く男性、遊びに行く男性など、
常に存在していました。

でも、私は過去、これまでお付き合いした中で、真剣に本音を話せた相手がいたかと言うと謎でした。
自分に正直に生きてはきたので、軽い本音は言えたかもしれませんが、
何か意見が違ったときは、話し合おうとはせず、「この人とは合わない」と見切りをつけてお別れをしていました。

そんな付き合い方でいいのか?
次第にそう思うようになっていったのです。

私の人生の中で結婚は存在していたので、
こんな状態で結婚はほど遠いのでは・・・と少し焦りもありました。

30歳を迎えて決めたのは、男性関係を一旦リセットしよう、ということだったのです。

次お付き合いする人とは結婚しようと決めました。
1人の人と向き合う覚悟を決めたのです。

するとどうでしょう。
気持ちが晴れ晴れとし、男性と出かけることがなくなったので、
1人で楽しむ時間が増え、
自分と真剣に向き合う時間が持てるようになりました。

そこで、結婚とは何かを深く見つめ直すようになったのです。

結婚に対する思い込みを知る

皆さんは、【結婚】に対してどのようなイメージを持っていますか?

私はこれまであまりいいイメージは持っていませんでした。
夢を抱いたりとかもなかったのです。

結婚は紙切れ1枚で成立する。
そして、結婚式は特別だけど、それは夢との決別式であって、
そこから始まる結婚生活はまさに現実なんだと。

すごく冷めた見方をしていました。

私の家族は父がやや亭主関白で、母はそれに応える形だったので、
いつも母が父に尽くしているイメージでした。
自分のことは後回し、子供と父を優先する。
そんな母親像を持っていたので、
結婚したら我慢するのかなー嫌だなーと思っていたのです。

自由がなくなるし、束縛される。
自分のやりたいことができなくなる!

そう思い込んでいました。
もしそれが事実なら結婚って墓場ですね。笑

心の中で結婚に対してそう思っているのなら、それは現実になるわけがない。
結婚を遠ざける現実が目の前に広がります。

だから、これまでお付き合いしても結婚には結びつきませんでした。

皆さんもここで【結婚】に対してどう思っているのか、
今一度考えてみてください。

結婚したいと口では言いながら、
心の奥底ではもしかしたら拒んでいるかもしれません。

両親と話す

結婚や家族に対して自分が思い込んでいる節があれば、
自分の両親と向き合ってみてほしいと思います。

私も実際に実家に帰ったときに、お酒を飲みながら父と母に話しました。

小さい頃、親に対してどう思っていたか。
こういうことをされて嫌だったなど。

自分の覚えている記憶を辿りながら、過去に受けた印象や傷を打ち明けたんですね。

すると、どうでしょう。
記憶とは曖昧なもので、そんな事実なかった!なんてことも判明したのです。

自分で都合のいいように記憶を捻じ曲げていたんですね。

そして、結婚に対する自分の考え方も両親に話しました。
母はそれを聞いて、「(結婚に対して冷めているのは)私のせいかしら・・・」とつぶやいていましたが。笑

いつも話さないことを真面目に親と語り合うことで、
家族とは、結婚とは、自分の中でどんどん整理され、クリアになっていきます。

実際に私は話してみて、結婚に対する抵抗感が薄れて、
むしろ、こんな真剣な話もできて、
お互い向き合える家族を私も作りたいと思えるようになりました。

最後に

いかがでしたでしょうか?

【結婚】というものに対して、考えていただけたのでしょうか?

これはあくまで私の経験からわかったことなので、
すべての人に通用するかどうかはわかりません。

しかし、試してみる価値はあると思います。

将来結婚を考えている方、現在婚活をされている方、
思い当たる節があればぜひ行動してみてください。

実際に結婚して母になって感じたことは・・・
【結婚】っていいものですよ♪

私の借金400万円から自己破産するまでのストーリーが読めます

私はつい最近まで、借金が400万円あり、
請求書や裁判所から出廷しろと書類が届いたりで、不安でたまらない毎日を送っていました。

しかし、このまま逃げ続けても仕方ない、向き合おうと決意し、
法的機関へ相談して自己破産という手続きをとることになりました。

誰しも、人に言えないだけで、お金に対して悩んでいるのだと、
私は自分のこの一見マイナスな経験をオープンにすることで、痛感したのです。

自己破産に対して、いろいろ言われたこともありますが、
生き直す機会を与えてもらったと思い、今はその経験を生かし、記事を書くことができました。

子育ての合間に何とか書き上げたもので、
少しずつ購入してくださる方も増えました。

同じ悩みを持っている方がほとんどで、
「自己破産をするかどうか悩んでいたのでとても役に立ちました!」と言っていただきました。

こちらから途中まで無料で読めますし、
続きが読みたい方は【480円】で読むことができます。

私が時間(約7・8年)とお金(借金400万円)を実際に投じて経験したことを
この価格で疑似体験できるのはかなりお得ではないかと自分でも思います。笑

ご興味ある方はぜひご覧ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!えぃみんと申します。 現在専業主婦をしながら子育て中の一児のママです。 これまで私は人の目を気にして自分の意見が言えず、周囲で力関係が強い人に押し切られるタイプの人間でした。 空気を読むあまり、友人が自分を嫌いなのではないかと敏感に感じ取ってしまい、学生時代は人間関係での悩みばかりでした。 それは社会人になっても続き、こんな自分では嫌だ、変わりたいと思うように。 恋愛に関しても、お付き合いはするものの、本気で向き合い話し合うことは避けてきたのです。 そんな私が、1人の人と向き合う覚悟を決めたことで、 たった1年で今の夫と出会い、お付き合いをし、妊娠、結婚、出産を経験しました。 30歳という節目を迎えて、1人の女性としてこれからどう生きていけばいいか悩む時期だろうと思います。 私もまさにそうでした。 恋愛においても仕事においても、もっと自分の軸となるものを持って、責任持って自分の足で歩んでいきたい。 人の目なんて気にせずに、思いっきり人生を楽しみたい!そう思ったんです。 同じ気持ちの方、このブログを読んで少しでも前に進む一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。